中田日記|12月13日〜12月19日

12月13日

せっせといつもの仕事をして、歩いて帰る。昨日調子が悪そうだった(何度も吐いてとても心配だった)猫が、すっかり元気になっていて一安心。毛を食べ過ぎたようだ。当たり前のようによく食べ、よく眠る姿を見られて嬉しい。

〈今日のごはん〉白ごはん、豚キムチ、卵の中華スープ、れんこんナムル、ほうれん草ナムル。豚キムチはコウケンテツさんのレシピで作った。おいしかった〜

12月14日

空白

12月15日

初雪!写真を撮って母に送ったり、猫に雪景色を見せたり(無表情)して浮かれていたら仕事に遅刻しそうになった。仕事は、田作りや数の子などが増えてきて、年末感。耕さんが迎えに来てくれて、小木に行って写真を現像に出し(耕さんが撮ったものと一緒に、去年の年末にわたしが撮った写真も現像に出してもらった。アリスが遊びに来てくれたとき。懐かしいな)ローソンで都会を感じ、帰って二人で黙ってポケモンをした。その後、約束していた「やち」にごはんを食べに行く。いつもの焼肉定食を注文すると、前菜(?)として焼き餃子が出てきた。お土産に持って行った羊羹も食べたので、お腹がいっぱいいっぱいいっぱいになった。帰り道、眠気を吹き飛ばすために、車内でBUMPを流して二人で歌いながら帰った。

12月16日(休み)

いつもよりゆっくり起きた朝。昨晩たくさん食べたので、朝は紅まどんなをカットして二人で分けて食べ、日記を書いたり、ポケモンをしたり(やりすぎ)して過ごす。こたつに入っていると、毎日特別な日に感じる。毎日年末。毎日年始。最近、大学時代の友人・なっちゃんのことをよく思い出す。というのも、同じ軽音サークルに入っていたわたしたちは、先輩に誘われて初めて一緒にコピーしたバンドのボーカルを毛嫌いしていたのだけど、耕さんがそのボーカルのことが好きで、最近家でよく聴いているから。聴くたびになっちゃんのことを思い出し、元気かな〜、今○○の曲聴いてますよ〜、うふふ、という気持ちになっていた。別にやましいこともないのでとても久しぶりに連絡をしてみたら、すぐに返信がきた。結婚して、大学のすぐ近くのアパートで猫と一緒に暮らしているらしい。相変わらず性格が悪くて安心した。

10時頃、赤泊にレモンをいただきに行く。個人で、無農薬で育てているレモン。挨拶をして、きゅっきゅっと雪道を踏みしめながら、ビニールハウスまで案内してもらう。ハウスの中には、レモンの木、デコポン、不知火、オリーブの木があって、なんだか瀬戸内みたい。レモンをもぐのが楽しくて、持ってきていたダンボールはすぐにいっぱいになった。収穫後、柿やキウイ、柚子も育てているのだと、たくさんの果物が並ぶ倉庫を見せていただいた。「ドーナツ作りに使ってみて」と分けてもらう。人がやらないことをやるのが楽しい、やってできないことはない、と話す顔がニコニコしていて、すっかりその人のことが好きになってしまった。わたしもやるぞ!という気持ちになれる。まずは放置しているかりんを早く漬けよう…。優遊でお昼(酢豚とチャーハン)を食べて、家に帰った。

〈今日のごはん〉ベーコンとほうれん草の和風パスタ

12月17日

今日も雪。仕事中ずっと頭が痛くて、家に帰って横になる。耕さんが帰宅して、一緒に羽茂温泉へ。浴室は湯気で真っ白で、コンタクトを外した超低視力の目ではほとんど何も見えず、なんとなくそれがおもしろい。人の会話まで遠く聴こえるような。家に帰って、こたつの中で夕飯を食べ、テキパキと後片付けをしてこたつに舞い戻り、日記を書いて寝た。

〈今日のごはん〉白ごはん、回鍋肉(耕さんが作った)、すり身のお吸い物

12月18日

仕事はいつも通り、せっせとパック詰め。魚をたくさん焼く。仕事終わりにサウンドハウスでお昼ごはんを食べ、しばらくそこで過ごしてドラッグストアで買い物、耕さんが迎えに来てくれて温泉に入って帰った。

〈今日のごはん〉白ごはん、キムチ鍋。前回、様々なレシピに書いてあることを無視して肉を炒めずに作ったら物足りない味になったので、今回は豚肉とキムチをしっかり炒めた。なるほど、おいしくなった!出汁はすり身で取って(本当に万能)、白菜、ネギ、豆腐、ニラを入れた。

12月19日(休み)

NNNの原稿を書いていたけれど、うまく書けないまま。朝のゆりさんとの電話で、自分が書いたことが間違っているかもしれない、誰かを傷つけるかもしれない不安がある、と話した。口に出したことで、少し大丈夫になった。何かを始めるとき、すぐに心配になる。わたしがごちゃごちゃ呟く心配事を、整理して、原因まで導いてくれるので、ゆりさんと話すと「大丈夫かも」と思える。面倒をおかけしてすみません…。だけど、本当に助かっている。ありがとうございます。

17時にもなると外は真っ暗で、なんだか気持ちが焦る。でもその焦りのおかげで動き出し、夕飯の準備に取りかかった。作った三品が並んだテーブルを見て、感慨深くなった。ほとんど料理をしていなかったし、人に振る舞うなんて無理だと思っていたから。自分以外に食べる人がいるから、と、なんとか重い腰を上げ続けてみたら、ちょっと料理が楽しくなってきた。そのことがじんわり嬉しい。

〈今日のごはん〉白ごはん、れんこんと鶏肉のせいろ蒸し、(冷凍)餃子のスープ、ニラと卵の炒め物

ゆきの
愛媛県出身・新潟県佐渡市在住。元書店員。現在はアルバイト(鮮魚コーナー)。