中田日記|1月31日〜2月6日

1月31日

日記を再開。

今日は仕事が暇だったので、みんなでお茶休憩をしたり、魚を捌くところを見学したりして、のんびりと過ごした。Mさんにタガヤス堂まで乗せてもらい、ドーナツを一袋買って、これから棚卸しをするMさんとKさんに差し入れ。家に帰ると段々と冷えてきて、掃除をして身体を動かしても、火を使って料理をしてもあたたまらない。震えながらスープとポテトサラダ(昨日、温泉で、皮を向いた状態のジャガイモを大量にもらったのだ)を作った。耕さんが帰宅、まず温泉に行き、帰って夕飯を食べて就寝。

〈夕飯〉白ごはん、鶏肉とキャベツのポトフ、アンチョビ入りポテトサラダ

2月1日

めちゃくちゃ寒い。朝、なかなか布団から出られず、家を出るのが遅くなってしまった。

サメが入ってきて、Mさんが職場で味噌煮を作ってくれた。サメ、捌く工程を知っていると少し抵抗があったのだけど、臭みもなく、身は柔らかでおいしかった(家に帰って自分で作った味噌煮はあんまりおいしくなかった。なんで)仕事終わりに歩いて帰っていると、本間石油のお姉さんが通りかかって車に乗せてくれた。とても感じのいい人だと、いつも耕さんと話していたの人だ。押し付けがましい感じがなく、距離感が心地いい。嬉しかった。家に帰って掃除、夕飯の鍋の準備。耕さんが帰ってきて、一緒に鍋を食べながら「エヴァンゲリオン」のアニメDVDを観た。

最近、毎日毎日とても眠たい。急に猛烈な眠気が襲ってきて、そうなるともう寝るしかない、何も考えられなくなる。睡眠時間はしっかり取っているはずだけどなぁ。

〈夕飯〉鍋(白菜、大根、ほうれん草、豆腐、とびうおのすり身、豚モモ肉)、うどん

2月2日

休み。

朝はゆっくり起きて、昼頃買い物に出かける。夕飯はおでん。一日家にいる日なら、ストーブにかけて放っておけばいい。温泉に行って、今日も「エヴァンゲリオン」を観ながらおでんを食べた。

〈夕飯〉おでん(大根、ジャガイモ、鶏肉、ウィンナー巻き、ごぼう天、ちくわぶ、厚揚げ)次に作るときはちゃんと油抜きします。

2月3日

朝起きたら雪が積もっていた。耕さんに送ってもらって出勤。昨日は恵方巻き目当てのお客さんで賑わったらしい、その反動で今日は静かだった。帰りも迎えに来てもらって家に帰り、耕さんは藁細工、わたしは原稿の修正をする。ねこはこたつの中で爆睡。静電気で全身の毛がバサバサになっていた。夕飯に昨日のおでんを食べる。なんだか長い一日だった。

〈夕飯〉昨日のおでん

2月4日

強風。嵐のような天気の中、車を走らせて魚を持ってきてくれた社長(通称)をみんなで労う。「あんたに会うために頑張ったんだよアケミちゃんっ」とのこと。わたしの名前を全然覚えない。KさんとTさんは、社長が注文していない魚を持ってきても、伝票を忘れても、請求書の計算が違っても、厳しく注意はするけれど決して見放さない。一緒に働いていて安心する。

〈夕飯〉キムチ鍋

2月5日

前職で、よくふてくされていたことを思い出す。毎日体調が悪かったのは確かなのだけど、周りは気を遣っただろう。今日、機嫌の悪い人と働いていて、思い出した。情けなくて、恥ずかしくなった。今でもよく体調を崩すけれど、頻度は減ったと思う。少しずつ、調子の良い日を増やしていきたい。よく寝る、適度に食べる。

明日から久しぶりに新潟に出かける。久しぶりすぎて何を着ていけばいいのか分からず、悩みすぎて疲れた。荷造りをしたくなくてずっと眠い。気分転換にゆっくり温泉に浸かり、耕さんの作った麻婆豆腐を食べ、なんとか荷造りを済ませた。たった二日だけれど家を空けるので、お留守番のねことたくさん遊んでたくさん撫でた。

〈夕飯〉麻婆豆腐丼

ゆきの
愛媛県出身・新潟県佐渡市在住。元書店員。現在はアルバイト(鮮魚コーナー)。